グルメやファッション、投資や金融、美容に健康など様々な情報をご紹介します!!ゆるらん

グルメ・ファッション・金融・投資・ビジネスなど、ジャンルを問わず 様々な情報を発信していきます

テレワークに最適!複数人で同時に同じ固定IPが利用できる

グループ専用VPN WGは、2015年に導入されたVPNサーバー全体に固定のIPv4 IPアドレスを提供する「グループ専用VPN」(旧サービス名:グループ専用VPNサーバー)の機能面を継承し、WireGuardを利用したサービスです。プロトコルとして高速性と安定性を兼ね備えた通信方式。ファイル共有中に VPN が切断される可能性は低く、処理中に切断された場合は自動的に再接続されます。

また、新機能「ルーティング設定」を追加しました。 弊社会員ページ「マイメニュー」から、最大20件までの登録IPアドレス(CIDR形式でも指定可能)への通信をVPN経由でルーティングする場合、たとえば、社内ネットワークに接続するルーターのIPアドレス、社内イントラネットへの通信のみVPNサーバーを経由することになり、頻繁にVPN(※)のON/OFFを切り替える必要があります。通常のインターネットと社内イントラネットの境界を気にする必要がないため、利便性が向上します。
 
固定IPアドレスを複数人で同時に使いたい
安定して高速なVPNをグループで利用したい
アクセスを制限しながら、チームでサーバーのメンテナンスを行いたい
プロジェクトごと、チームごと、部署ごとに固定のIPアドレスで仕事をしたい。
内部ネットワークへの外部アクセスを固定IPで制限したい。
同僚や友人とファイルを共有したい

インターネットに接続した状態で、パソコン端末やサーバーを「グループ別VPN WG」に接続することでVPNが構築されます(プロバイダー等は問いません) IPv4固定IPでデフォルトアカウントは10個 共有のJoin VPNをお持ちの場合は、接続後のインターネットアクセスはすべて「グループプライベートVPN WG」に割り当てられたIPv4固定IPアドレスを介して行われます。

VPN接続を行うため、暗号化、トンネリングしたデータ管理が行えるのが安心して仕事ができるポイントです。安全性を確保して社内ネットワークに接続できるので、仕事に集中して取り組める環境を提供することができます。近年の働き方の多様化で、自宅や出張先からのリモートワーク、ノマドワークなどが浸透し始めているからこそ必要なのです。

 

初期装備として、1つの固定IPあたり10アカウント(10端末)が備わっています。最大200アカウントまで取得でき接続も可能ですが、その場合がサーバーに負荷がかかり回線速度が遅くなる可能性があります。1つの固定IPに複数のパソコンからの接続が可能ですが、大企業で採用する場合には、部署やプロジェクトチーム単位での使用など比較的少人数で使用できるように調整する必要が出てくるかも知れません。中小企業や事業所などの規模では、会社全体もしくは部署、フロアに1つあれば全員が使用できるスケール感です。そのため、個人で使用する端末のセキュリティーを強化してもらわなくても会社で一括管理ができ、費用が抑えられて、社員の手間を省くことができます。
スポンサーサイト



Last Modified :
* Category : ネットサービス
* Comment : (0) |

コメント







非公開コメント
[lace-al2] Designed by *Essence